転職であなたがやりたい仕事をやれる保証はないです

転職をする時って本当に不安ですよね。今働いている方も、以前働いていた方もその会社に入る前と入った後ではギャップがあったと思います。

誰だっていずれ辞めようと思って会社に入る訳ではありませんので、そこで頑張ろうと思っても何らかのトラブルやギャップ等でどうしても続けられないという方も多いはずですね。

それが次の職場でも響いてくるから転職が恐いんですよね。

一般的に転職は繰り返せば繰り返う程振りになります。なのでもし転職するにしても何とか次の転職でしっかりと勤め上げたいものです。

そういった事を色々と考えると転職に二の足を踏んでしまいますよね。

そんな不安を呑み込んで転職を成功させるには、まず社会という存在が理不尽の塊だという事を理解する事が大事です。

人間なので本心は自分がとても頼られて会社の業績を左右させる位の地位や実力が欲しいと思うのですが、残念な事にそんなに組織に影響を与えられる人というのはごく僅かで、殆どの人はやりたくない事を言われたから仕方なくやっているという集まりが組織なのです。

なので、「自分がやりたい事をやりたい」という考えをまずは改めないといけません。

会社に期待したいという気持ちは分かるのですが、実際に会社はあなたの為にあるものではなく綺麗にいえば皆の為で、汚くいえば経営者の為に会社はあるのです。

そう考えれば自分の思い通りに働けるなんて一般的に有り得ないという事が分かると思います。人間関係も同様です。

価値観が違う人同士が共同で作業するのです。ゴタゴタが無いはずが無いのです。これはどんな職場に行っても同じです。なので少しでもそういった現実をしっかりと理解する事が次の転職での踏ん張りに効くのです。

しがみつけば良いという訳ではありませんが、今の日本で生きていく為には転職を繰り返す事は何か特別な目的が無い限りは歓迎されませんので、次の職場で最後にするという強い決意とどの職場でも理不尽は付き物という事を前提とした転職活動が重要となるのです。

上記ではあくまでも内定を頂いた後の事がメインでしたが、内定を貰えないという場合はとにかく数で勝負するしかありません。

少なくとも求人を出しているので、人が足りないというのは現実なのです。

なのでもう後は気力です。

100社受けて駄目なら200社で、200社受けても駄目なら300社ととにかく最低限の数で勝負するしかありません。

働く場所が無いと何も始まりません。理不尽なのはどこも同じです。内定を頂いてからそういう細かい所は決めましょう。

とにかく社会は理不尽な所と内定を貰わないとスタートにも立てないという事を意識して転職活動を行いましょう。

そして、その内定をもらうためには自分の長所も把握する必要がありますので、こちらのサイトをご参考しするのがいいでしょう。

長所の例文を集めました!